kunn-bana.jpg
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
結果は黒!
今日もコメント欄は閉じさせていただきます。

先日の血尿騒ぎで病院に駆け込んだ私とクン。
尿に異常なし・膀胱も綺麗だと良い結果を頂き、喜んでいた私。
「念のために」と出してくれた一週間分のお薬も、ちゃんと飲んでいました。
でもね、気になってたんです。
病院に行って診てもらった日の夜から、陰部を舐める仕草が。

舐め舐め。

病院でエコーを撮ってもらった時に消毒液を陰部にスプレーしてもらったから、
そこらへんの都合でちょっと陰部が気持ち悪くて舐めて綺麗にしてるのかな?と
その日は大らかな気持ちで構えていました。
だって「異常なし」だってはっきり言ってもらえたもんね。
でも、その日に限らず、次の日も次の日も陰部を舐めるクン。
見た感じ、際立って腫れてるとか、出血してる様子もないんですが、
気になって仕方がなく、病院に電話しました。
すると、「発情期だったり膀胱結石の前兆だったりするかもしれないので、
お薬一週間分を飲み終わったら、またおしっこ持って来て下さい」と言われ、
私:「それまでは放っておいても大丈夫ですか?」
先生:「もし、あまりにも舐めるようだったらご来院ください」と。

舐め舐め。。

ただ判断が難しかった。
陰部を舐める仕草は確かに以前に比べては増えたけれど、
しきりに舐めてるわけではないんです。
父親に言ってみても「全然舐めてないよ」と返事が返ってくるくらい、
気にしなければそんなに舐めてるようには思えない程だったんです。
頻尿というわけでもなく、黄色い尿で、食欲もあり、
私が神経質に「陰部を舐めてる」と観察しない限り、
いつもの元気いっぱいなクンなんです。
もうすぐ一週間分のお薬が切れて月曜日には病院に行くつもりだったんだけど、
やっぱり気になって、朝一の尿を持って今日再び見てもらうことにしました。

すると「尿に血が混じってる」と言われました。
びっくりってほどではないですが「やっぱり・・・」とショックでした。
でもそれよりも、1日でも早く診てもらっておいて良かったと思うべきかな。
エコーを撮ってもらうと、先日診てもらった時は綺麗だった膀胱に
白いチラチラとした影が。。。膀胱炎だそうです。
尿を詳しく調べるために、無菌的に尿を出し、検査に出すための手続きを
お願いし、その結果が出るまではまた新しいお薬を処方してもらいました。

お薬2

ああ、クン子 (つω-`*)
チミは膀胱炎らしいよ~。
この前は異常なしだったのに、なんで今になって膀胱炎になったのか。。
あの苺ジュースみたいなおチッコ出た時は、陰部を舐めていなかったよね~。
病院で診てもらって「異常なし」だと言われたのに、
どうしてその日に陰部を舐めだし、膀胱炎へとなったのか・・・(´OωO`)
膀胱炎・・・からだに何かしらの異常が発生したわけだから、
気遣わずにはいられないけど、膀胱炎だと分かった今はもう
「膀胱炎がなんや!」という気持ちでドッシリ構えておきます。
気長に直していこうね~♪

寝てまーす。

エコーを撮る際に、見知らぬ人たち3人に手足をがっちり固定され、
仰向けになって犬の一番弱い部分であるお腹を見せ、
陰部にスプレーをシュッシュッとかけられる恐怖は計り知れないだろう。
ましてや、陰部が気になるから舐めていたクンにとって、
どれほどの不安だっただろう。。
普段、私の前で色々な形でお腹を見せてくれるクンもきっとしばらくは
何かしらの恐怖でお腹を易々と見せようとはしないのかなぁ・・・
なんて考えていた。
そんな私の思いとは裏腹に、帰宅してじゅうたんの上で
目がウトウトしたクンの横に私が寝転がると、
クンは何のためらいもなく私の方を向いて、
同様にごろんと寝転がり「お腹を撫でて」と言っていた。
「撫でて」単なる要求さえも、この時ばかりは
その要求の中に「君を信頼してるから、大丈夫」と言っているような気がした。

なんだかいつの間にか、しんみりしてしまいましたが、
クンは膀胱炎ではありますが、いつも通り、とても元気です!
膀胱炎と診断されましたが、
頻尿という感じも見受けられないし、排尿時の痛みも感じないようです。
膀胱炎が進行しないように、手作りご飯から水分をたくさん摂らせて
出来るだけいっぱい排泄を促そう~♪

今日のことは、クンの成長過程としてブログに綴っておきます。

最後にぽちっとよろしくお願いしま~す!

 にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ
スポンサーサイト
【2009/03/13 22:09 】
くんのこと | トラックバック(0)
トラックバック
トラックバックURL
http://kuntaaan.blog43.fc2.com/tb.php/294-eab3ff7e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。